網頁

2018-07-11

中國:擁抱電池,擁抱Tesla


Comment
可能是有趣的新聞。
這是上海歷史上最大的投資案。
Tesla在美國才搞得灰頭土臉出車不順、瑕疵一堆,現在,中國大力擁抱。
著眼於電池技術。


注意以下新聞。目前李克強以低姿勢訪問歐洲,要歐洲聯手抗美。還送出人權問題可討論。
顯然是注意電動車技術與鋰電池的供應。為此,不限制外資出資比例:
中德政府第5輪會談昨天在柏林舉行,會中重點依舊提到美中貿易戰,德國趁機向中國要求更優惠市場准入條件,中國同意進一步開放金融市場、合資企業解除股比限制等;會議上還簽署了22份協議及意向聲明,其中包括就無人駕駛技術展開合作,總數約200億歐元(約740億台幣)。
李克強對德國提出多項投資計劃,包括中國的寧德時代新能源科技有限公司(CATL), 將投資2.4億歐元(約89億台幣),在德國圖林根興建一座全德規模最大的鋰電池生產廠,預定在2021年投產,預計將為當地創造近千個工作機會。而德國寶馬汽車也簽約,未來將在該廠採購約15億歐元(約555億台幣)的電池。」



米の電気自動車メーカー「テスラ」 上海に新工場建設へ    NHK 20180711
中国の上海市は、アメリカの電気自動車メーカー、テスラと覚書を交わし、テスラの出資で年間50万台の電気自動車の生産を目指す新たな工場を市内に建設すると発表しました。

上海市政府は、10日、応勇市長やテスラのイーロン・マスクCEOなどが出席し、覚書を交わしたと発表しました。

発表では、テスラが単独で出資して上海市内に年間50万台の電気自動車の生産を目指す新たな工場を建設するということです。

投資額など詳しいことは明らかにされていませんが、上海市は「上海の歴史上、外国資本による最も大きなものだ」と強調していて、応勇市長はテスラを全面的に支援していく考えを示しています。

中国政府は、これまで上限を50%としてきた外国企業による自動車分野への出資規制について、電気自動車などの新エネルギー車に限っては、ことし中に出資の上限を廃止すると発表しています

中国としては、アメリカとの貿易摩擦が激しくなる中、アメリカを代表する電気自動車メーカーの工場建設を認めることで、国内市場を開放する姿勢をアピールする狙いもあるものとみられます。

これについて、テスラのイーロン・マスクCEOは「上海の工場はアメリカ以外では初めてのものとなる。最先端の技術を用いた生産拠点となり、持続可能な工場のモデルとなるだろう」とコメントしました。

沒有留言:

張貼留言