網頁

2015-08-24

〈日台新連携の幕開け〉中「『日本人』として戦った兄と私」一節之翻譯○Taimocracy(2015.08.24)

Comment
以下李登輝VOICE專訪稿〈開啟日台新合作的時代〉(日台新連携の幕開け)原文,是友人掃描傳來,非常感謝。
作為研究用的PDF,我請林炳炎前輩幫忙。有意者,請與前輩聯繫。


針對爭議的一段,我打字並翻譯,以免傳訛。若有錯誤,責任在我,也請指正。

中文結構鬆散,缺乏過去式時態,容易產生誤解或曲解。請注意李登輝受訪專文的過去式時態。特別在翻譯第二段時,加上「當時」「那時」來顯示中文所欠缺的「過去時態」語感,以便忠於原文。

p.37
「日本人」として戦った兄と私
去る七月四日、台湾の新竹県湖口郷で国防部(国防省)主催の抗日戦争勝利七十周年の記念イベント実施された。馬英九総統の差配によるものである。もっとも、一般人の台湾人の関心はほとんどなく、私も人に教えられるまで知らなかったぐらいである。
以日本人而征戰的兄長與我
剛過去的七月四日,國防部在台灣新竹縣湖口鄉主辦抗日戰爭勝利七十週年紀念活動。這是馬英九總統所主導的活動。一般台灣人根本不關心,我也是經別人告知才獲知的。

このイベントに日本の対台湾窓口機関、交流協会の台北事務所の沼田幹夫代表は出席辞退したと聞くが、当然であろう。そもそも「抗日」というが、七十年前まで日本と台湾は「同じ国」だったのである。「同じ国」だったのだから、台湾が日本と戦った(抗日)という事実もない。私は陸軍に志願し、兄李登欽は海軍に志願した。当時われわれ兄弟は、紛れもなく「日本人」として、祖国のため戦ったのである。
聽說日本在台灣的對口機關「交流協會台北事務所」沼田幹夫代表拒絕出席這活動,豈不當然。所謂的「抗日」,原本到七十年前(的終戰)為止,那時日本與台灣是「同一國」。因為那時是「同一國」,說當時台灣對日本作戰(抗日)根本不是事實。我本人當時志願參加陸軍,兄長李登欽則志願參加海軍。當時我們兄弟以真實的「日本人」身分,為祖國而戰爭。

「武士道とは死ぬことと見つけたり」
所謂的武士道,即為「發現死亡的意義」(要死得其所)

『葉隠』の精神そのままに、われわれ兄弟は国を護るためなら死をいとわない覚悟であった。兄と私が抱いたそうした若い理想は、現実の壁の前で脆くも崩れた。日本は戦争に敗れ、兄はマニラで海軍陸戦隊の一員として散華した。肉親の死ほどつらいものはない。いまも兄貴のことを思い出すと涙が出るほど、悲しい。だが、われわれ兄弟が日本人として戦い、マニラで散華を遂げた兄靖国神社に祭られているのは、歴史の事実である。歴史の事実を捻じ曲げることは誰にも許されない。
遵循武士道修養書《葉隱》的精神,當時我們兄弟有覺悟為保護國家而死。兄長與我抱持此等年輕人的理想,卻在現實的高牆下崩潰。日本戰敗,作為海軍陸戰隊一員的兄長在馬尼拉捐軀。親骨肉之死痛撤心扉。至今,只要回想兄長,眼淚就奪眶而出。但是,當時我們兄弟以日本人的身分而戰,於馬尼拉捐軀的兄長在靖國神社被祭祀著,這是歷史的事實。歷史的事實不容許任何人扭曲。

また、馬総統は台湾に慰安婦の記念館をつくることを発表した。「約二十年前から台湾の元慰安婦を支援している」などと、馬総統は述べているそうだ。二十年前といえば、私の総統時代である。当時、馬氏は私の英語通訳だったのでよく知っている。だが、彼が台湾の元慰安婦を支援している、という話は聞いたことがない。はっきりしているのは、すでに台湾の慰安婦の問題は決着済みで、いまさら蒸し返すことは何もないということだ。
另外,馬總統發表將在台灣設置慰安婦紀念館。聽馬總統說自己還「從約20年前起,就支持台灣原慰安婦」。20年前的話,正式我擔任總統的時候。眾所周知,當時馬先生只是我的英語通譯。因而,他說自己支援台灣原慰安婦的種種,當時我完全沒有聽過。真確的說,台灣慰安婦問題已經解決完畢,現在還不斷的舊事重提,根本毫無意義。

一連馬総統の動きは、日本に対する嫌がらせといってよい。終戦七十周年の機に、中国の「抗日」と同調することで、中国側の歓心と買おうとしているのだろう。だが、習近平主席はおそらく馬総統のことを評価していまい。昨年十一月に台湾で行われた統一地方選挙で、国民党は一九一九の結党以来、最悪といわれる大敗を喫した。台湾の有権者は国民党の馬政権にはっきり「No」を突き付けたのだ。馬政権の支持率は九%を切っている。史上、もっとも不人気な台湾総統である馬氏のことを、中国の指導部はとっくに見切っているだろう。
馬總統一連串的行為,可以視為其打從心底厭惡日本。趁著終戰七十週年的機會,透過與中國的「抗日」同步討中國的歡心吧!但是,習近平主席對馬總統的評價多半不佳。去年11月台灣的地方大選,國民黨嚐到從1919年建黨以來最大的敗仗。台灣選民明白的向馬總統當面說「NO。馬政權的支持率遽降到9%。中國領導層早該放棄史上最不受人民歡迎的台灣總統馬先生了吧!

馬総統が中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)へ参加を焦り、主権国家としてでなく、経済体参加を表明しながらも、創立メンバーに加わることができなかったことは、台湾国内での失笑を招いた。要らぬ失態を演じたものというほかない。そもそも台湾がAIIBに参加するメリットは、対中ビジネスを進める一部の大企業を除いてほとんどなく、現にアメリカや日本は参加していない。台湾は日米が進めるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)へ参加をめざしたほうが、よぼど益があろう。

馬總統焦急的想參加中國主導的亞洲投資開發銀行,一方面表明不以主權國家地位而以經濟體地位參加,但卻被拒絕以創始會員加入,在台灣內部已經被訕笑不已。是失態的演出。台灣參加亞投行,只對在中國經商的一部份大企業有利罷了。其實,連日本與美國都未參加。應該以加入美日推動的環太平洋戰略經濟合作協定為目標,對台灣才有利。

4 則留言:

  1. 原來「祖國」的上下文是這樣來的。合情合理啊!

    回覆刪除
    回覆

    1. 中文沒有過去式,所以就任人劃糊爛!

      刪除
  2. 請問這篇網路對李的全文翻譯品質如何?http://ktoyhk.blogspot.tw/2015/08/20150824.html?m=1

    回覆刪除
    回覆

    1. 應該有傳真
      有一點微妙部分,被忽略了

      拍拍手

      刪除