網頁

2014-07-23

MH-17:美國持續孤立俄羅斯

Comment
MH-17 被擊落事件,美國聯合英德等國譴責。

白宮譴責俄羅斯違反國際準則,並將更孤立俄羅斯。美國國務院對法國即將在10月交俄羅斯於2011年簽約價值12億歐元的2艘西北風兩棲登陸艦的第1艘表示:完全不恰當,不要交貨。法國則以契約必須履行為由拒絕並暗示第2艘可以談談(取決於俄羅斯未來的姿態)。

俄羅斯已支付法國一半款額,如果取消賣,給法國帶來的損失會比俄羅斯要大。法國另指摘倫敦包庇不少俄國金融大亨。

鑒於俄羅斯拖拉對烏克蘭叛軍地區協助失事客機善後的,EU委員會與外長理事會也準備對俄羅斯基本產業如能源、金融、國防等進行制裁中。

打下飛機要賠錢的,烏克蘭東部叛軍要賠多少?如何賠償?不賠償,如何獲得國際社會認可?俄羅斯無端接到一個負債鳥屎,心中的不爽可知。

米「ロシアに艦船売るな」 フランスに求める產經 (2014.07.23) http://digital.asahi.com/articles/ASG7R3CHMG7RUHBI00Q.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG7R3CHMG7RUHBI00Q
マレーシア航空機の撃墜事件をめぐり、米国務省のハーフ副報道官は22日の会見で、フランスがロシアに大型の強襲揚陸艦2隻を売却する契約を実行することについて「完全に不適切だ」と語り、ロシア側に引き渡さないよう求めた。米政府は親ロシア派武装勢力がマレーシア機を撃墜したとほぼ結論づけており、ロシアの軍備増強につながる契約を阻止する意向だ。

 ハーフ氏は「我々は(揚陸艦を)引き渡すべきではないと(フランスに)言っている」と述べ、フランス自らが引き渡し契約の変更を発表するべきだとの考えを示した。

 この契約は、2011年にロシアのメドベージェフ大統領(当時)の立ち会いのもと、ロシアの兵器企業とフランスの造船会社が署名。ロシアは、ミストラル級強襲揚陸艦2隻を総額約12億ユーロ(約1650億円)で購入。極東ウラジオストクに司令部がある太平洋艦隊に配備するとみられていた。

 一方、欧州連合(EU)の外相理事会は22日、ロシアに対して、エネルギー、金融、防衛など基幹産業に対する経済制裁を科す準備を早急に整えることで合意した。ロシアとの経済的つながりの深さから制裁強化には慎重だったが、一歩踏み出す。

 理事会がまとめた総括文書では、ロシアに対し、墜落現場一帯を支配する親ロシア派に影響力を行使して、事故現場への立ち入りを確保し、遺品の回収や原因究明に協力するよう要請。迅速な協力が得られない場合、即時、経済制裁に踏み込む可能性を示した。

 行政を担う欧州委員会に対しては、24日までに基幹産業について、制裁の準備を終えるよう指示した。アシュトン外交安全保障上級代表は「制裁実施のために、緊急の首脳会議を開くかどうか、24日に決める」と話した。(ワシントン=奥寺淳、ブリュッセル=吉田美智子)


沒有留言:

張貼留言