網頁

2016-03-08

中國景氣悲歌

 Comment
中國的人大開會期間,陸續傳出煤炭與石油產地蕭條的聲音。

以煤炭最大產地黑龍江雞西市而言,市長報告,去年煤炭稅收較前年只剩一半。且礦場從最高的2000座,衰減到剩150
大慶油田生產,是負成長的。

習近平說,要想辦法消化過剩的鋼鐵與煤炭產能。這樣的話,一方面就是削價競爭,拖垮自己也拖垮他人(國)了。另一方面,就是靠借債度日了。

許多企業是靠銀行資金輸血而苟延殘喘的。


石炭、石油の産地が悲鳴 中国、景気悪化と価格低迷○共同社(2016.03.08)
 中国で開催中の全国人民代表大会(全人代)では景気悪化と価格低迷が直撃している石炭や石油の産出地から苦境を訴える声が相次いで上がっている。習近平指導部は鉄鋼、石炭の生産過剰解消を目指す構造改革方針を表明しており、関係する地方政府は対応に苦慮しそうだ

 「巨大な試練に直面している」。石炭が最大産業である黒竜江省鶏西市の張常栄市長は代表団会議で、昨年の炭鉱業の税収が前年比で半減したと報告。最盛期に約2千あった炭鉱は約150に減少。農業などへの産業切り替えを進めているが「まだ緒に就いたばかりだ」と顔をしかめた。

 同省の大慶油田も原油価格下落の影響を受け、大慶市の域内総生産は昨年、30年ぶりにマイナス成長となった

 会議で「山西経済社会白書」が配られ、融資で生き延びている「ゾンビ企業」への“輸血”を止め銀行のリスクを軽減する必要があると提言した(共同)


沒有留言:

張貼留言