網頁

2015-10-28

沖繩邊野古基地爭議,日本政府代位執行施工

Comment
一部分沖繩人反對美軍基地,情有可原。過去一段時間,是民主黨政府帶頭,現在則只剩下沖繩政府反對。沖繩政府(翁長)認為行政與司法爭議中,應該停止施工。

但日本政府決定在行政爭議下繼續施工。若沖繩不服,則會「代位執行」。

地方反對若妨礙到國家與區域大戰略,即便以行政或司法進行攻防,最後就是這樣。


あすにも埋め立て工事開始 沖縄防衛局NHK(2015.10.28)
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、国土交通省が埋め立て承認を取り消した沖縄県知事の決定を一時停止すると決めたことを受けて、沖縄防衛局は、早ければ29日にも、埋め立て工事を始める方針を固めたことが分かりました。一方、沖縄県の翁長知事は国と地方の争いを調停する総務省の「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る方針です。

普天間基地の移設計画を巡り、国土交通省は27日、名護市辺野古沖の埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長知事の決定を一時停止することを決め、沖縄防衛局に文書を送りました。

文書は28日、沖縄防衛局に到着する予定で、防衛局は内容を確認したうえで、28日中に沖縄県に埋め立て工事に着手することを届け出ることにしています。

そのうえで沖縄防衛局は、天候の状況などを見ながら、早けれ29日にも埋め立て工事を始める方針を固めたことが防衛省関係者への取材で分かりました。

工事は辺野古沖を埋め立てる際に必要な資材置き場の設置など、陸上部分から開始されるということです。

一方、沖縄県の翁長知事は、国と地方の争いを調停する総務省の「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る方針で、国と沖縄県が真っ向から対立した状態のまま埋め立て工事が進むことになります。


翁長知事「断じて容認できない」NHK(2015.10.27)
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、国土交通大臣が埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長知事の決定を一時停止すると決定するとともに、知事に是正を勧告し、従わない場合、代わりに承認する「代執行」の手続きを進める方針を決めたことについて、翁長知事は27日夜記者会見し、「政府の最後通ちょうとすら言えるもので、断じて容認できない」と厳しく批判しました。

この中で、沖縄県の翁長知事は、「政府の決定は、恒久的な基地を何が何でも沖縄に押しつけるのだという政府の最後通ちょうとすら言えるものだ。不当なのはもちろんのこと、多くの沖縄県民の思いを踏みにじるもので、断じて容認できない」と述べ、政府の対応を厳しく批判しました。

そのうえで、翁長知事は、「承認取り消しは適法と考えている。国は司法判断を問うのであれば、第三者である裁判所の判決が出されるまで辺野古での作業を開始すべきではない」と述べました。

さらに翁長知事は、今回の国土交通大臣の決定について、「僅かな期間で決定がなされたことに強い憤りを覚えている。結論ありきの判断をされたと言わざるをえない」と述べました。


沒有留言:

張貼留言