網頁

2015-09-25

習大愛飛機,意向書而已!

Comment
習近平到波音,宣佈中國將買300架飛機。實際上,

1.  買的機種與金額,完全沒有公佈。多半只是「意向書」吧!
2.  不是航空公司購買,而是如ICBC等國營金融機構的租賃公司購買。以後可以租給外國航空公司~

這篇文章〈AirInsight2016年波音飛機訂單量或低於產量〉可知波音公司缺訂單:
「美國航太諮詢公司AirInsight的分析表明,2016年,波音的飛機訂單量將會下降25%至大約563架。這意味著多年來波音的飛機銷量將會首次低於其產量。」
「代表三個東南亞國家的獅航集團(Lion Air Group)目前向波音與空客訂購了500多架窄體飛機,這意味著獅航必須快速擴張其航線,只有這樣,才能用上這些飛機。」
「波音公司的高管已經預測其2015年的飛機訂單量將與其飛機產量差不多持平。波音拒絕對AirInsight的預測發表評價。」
缺訂單,但盼來一堆意向書。
對波音,這不會是好事情。


中国企業が米の旅客機300機購入へ○NHK(2015.09.23)
中国の国営メディアは、中国の企業グループがアメリカの大手航空機メーカーの旅客機300機を購入する契約に調印したと伝え、習近平国家主席が国賓として初めてアメリカを訪問するなか、両国の経済的なつながりをアピールするねらいがあるとみられます。

中国国営の新華社通信の英語版は23日、中国の旅客機リースの国有企業大手国有銀行の傘下にあるリース会社などが共同で、アメリカのボーイング社から旅客機300機を購入する契約に調印したと伝えました。さらに、中国の航空機関連のメーカーがボーイング社の中型旅客機である737型機の組み立てなどに関わる拠点を中国に建設するとした文書をボーイング社と取り交わしたと伝えました。ただ、新華社通信は購入する機種や契約額には触れていません

中国の習近平国家主席は、22日から国賓として初めてアメリカを訪問していて、23日には最初の訪問地の西海岸シアトルでボーイング社の主力工場を視察する予定です。このため、中国側には25日にワシントンで行われるアメリカのオバマ大統領との首脳会談を前に、両国の経済的なつながりをアピールするねらいがあるとみられます。


2 則留言:

  1. 波音公司歡天喜地非常高興,旁觀者卻說不是好事,這叫波音公司情何以堪?

    回覆刪除
    回覆

    1. 能多拿生意,是好事。
      這是確定的。

      但若這生意是「畫餅」,那可不一定了。
      主事者,要謹慎的高興。
      波音的禮貌性恭維,豈不心知肚明。

      請注意Lion Air Group,在2015年也訂購500架。
      評論是說:Lion Air Group「必須快速擴張其航線,只有這樣,才能用上這些飛機」
      意思就是,評論者並不看好Lion Air Group會完成意向書。

      〈AirInsight:2016年波音飛機訂單量或低於產量〉是8/12的新聞。
      若加上9月底的300架,這會是什麼市場狀況?


      另外,就公司生存戰略而言,營業仰賴少數大客戶,絕對不是好事。
      也要注意,飛機不是航空公司直接買,而是租賃公司來買,對廠商而言,那可不是好事。

      純粹是在商言商。
      也純粹是旁觀者。





      刪除