網頁

2015-09-18

對中投資:美日減,歐洲增

 Comment
中國商務部發表,18月日本對中國直接投資比2014年同期減少28.8%(22.5億美元)。1-7月為24.2%,減少繼續擴大。離開中國後,廠商選擇回到日本。

背景是:工資上漲、租金上漲、中國反日、經濟急速下掉、泡沫吹破等因素。

同樣的,美國對中投資減少19.6%,ASEAN對中投資也減少5.2%。

參加亞投行的EU國家,反而對中增加14.4%。世界整體則對中投資增加9.2%。


中国から逃げ出す日本企業 相次ぎ生産拠点国内に戻す○產經新聞(2015.09.184)
止まらぬ日本の対中投資減 1~8月28.8%マイナス

日本の中国離れが止まらない。中国商務省が16日に発表した1~8月の日本から中国への直接投資実行額は、前年同期比28・8%減の22億5000万ドル(約2700億円)となった。減少率は1~7月の24・2%から拡大した。生産拠点を日本国内に戻すメーカーも増えるなど「中国リスク」回避の動きが強まっている。(夕刊フジ

 日本の中国向け投資が減り続けている背景は、工場労働者の賃金の上昇や、大都市の店舗や事務所の賃料の高騰により企業収益が圧迫されたとみられる。さらに中国の反日姿勢や、中国経済の失速、バブル崩壊といったリスクも意識されているようだ。

 同様に米国からの投資は19・6%減となり、東南アジア諸国連合(ASEAN)からも5・2%減だった。

一方、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加国が多い欧州連合(EU)からの投資は14・4%増となり、中国依存を強めている。世界全体から中国への投資は9・2%増だった。

 為替の円安もあって中国生産のメリットが薄れるなか、ホンダやパナソニックなど大手メーカーが相次いで生産拠点を国内に戻している

 習近平国家主席は15日の共産党の会議で「外資や外国の技術をしっかり導入する」と強調し、投資環境の改善に取り組む方針を打ち出したが、日本の対中不信を解くのは容易ではなさそうだ。




沒有留言:

張貼留言