網頁

2015-08-26

70年後,北京提高價碼,要天皇道歉

Comment
26日的北京《新華社》轉載《光明日報》指明:因為昭和指揮侵華戰爭與太平洋戰爭,要明仁天皇道歉。

據判斷,這是中共高層不滿安倍的演講,轉而提高叫價。
我看也有可能是配合閱兵以及移轉股災焦點的民族主義演出。

1992年天皇訪問中國,以「我國過去曾帶給中國國民巨大苦難。對此,本人深感悲痛。」(わが国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。これは私の深く悲しみとするところであります)表達過歉意。


中国・新華社、天皇陛下に謝罪を要求 「昭和天皇が戦争指揮」○產經(2015.08.26)
 【北京=矢板明夫】26日付の中国紙、光明日報は「昭和天皇には中国への侵略戦争の主な責任があり、その後継者である天皇陛下は先の大戦について謝罪するべきだ」と主張する記事を掲載した。記事は国営新華社通信が配信した。中国はこれまで安倍晋三首相ら日本の政治家に対し、歴史問題について反省や謝罪を求めることはあったが、天皇陛下に対し直接、謝罪を求めることは異例だ。

 記事は、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争を発動し、指揮した」と強調した上で、「昭和天皇は亡くなるまで被害国とその国民に謝罪を表明したことがなかった。その皇位継承者は、謝罪で雪解けを、悔いることで信頼を手に入れなければならない」と主張している。

 8月14日の安倍晋三首相の談話内容に不満をもった共産党指導部が、陛下の戦争責任を間接的に追及する方向に調整した可能性もある

 陛下は1992年に中国を初訪問した際、「わが国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。これは私の深く悲しみとするところであります」と、お言葉を述べられた。


6 則留言:

  1. 無論中國抗戰多麼悲壯慘烈,多麼可歌可泣,付出的代價多麼慘重,中國未能在抗戰中取勝是不容置疑的事實。整個一部抗戰史是中華民族的恥辱史、血淚史。不直面這一殘酷的歷史事實,把頭埋在地裡,屁股翹到天上,妄自尊大,化友為敵,甚至不惜篡改抗戰歷史,為自己一黨執政的合法性背書,向周邊國家示威顯狠,打著和平的旗號反和平,就不可能真正從二戰中吸取教訓,反而會重蹈日本軍國主義的覆轍。

    光這段,就讓你不得不詳細看底下這篇報導: 是誰主導抗日?

    http://ajin2050.blogspot.ca/2015/08/blog-post_56.html#more


    回覆刪除
  2. 中國取得安理會常任理事, 還擁有無敵的否決權, 早已拿到高額的補償了.

    回覆刪除
    回覆
    1. Greediness is endless, especially for Chinese.

      刪除
  3. 也有可能是中共內部正在鬥爭(清黨),佔優勢者,自抬身價,鞏固自己的地位。

    回覆刪除
  4. 勝利或者失敗都改變不了歷史

    回覆刪除
    回覆
    1. 二次大戰也如此嗎?

      大大這是宿命論、「科學歷史觀」(共產主義的偽科學)。

      刪除